デブでモテないのは、あなたの問題。

合コンでモテる要素の塊のデブの秘密!

 

 

「デブ」というだけで諦めていてはいけない。「デブ」で合コンを成功させてきた、ひろしが教える、合コン必勝法。

 

 

学生時代から太りはじめて、合コンではデブをいじられていたが、合コンでの女性との成約率は、脅威の9割超え!180超え身長のスポーツマンでも、落とせなかった女性を落としたこともある、私が実践した合コンテクニックを紹介する。

 

 

もし、合コンを失敗している「デブ」がいるなら、一度、目を通してから合コンに挑んでほしい。

 

はじめに・・・

 

この記事を見ている方に、真実を伝える。まず、「デブだからモテない」は間違い。

 

 

真実は、「デブは女性を落とすことに手順が多い」。これです。デブでモテる人は、きちんと手順、方法を守っているデブ。合コンや街コンに言っても、女性と親しくなれないのは、この手順、方法をしていないからです。

 

 

よく「デブのモテる方法」で「清潔感」「包容力」が必要という内容を見かけませんか?あれは、デブでなくてもモテる方法であって、最低限のマナーです。

 

 

とは言っても、「デブ」と「痩せ」では圧倒的に、「痩せ」の人が合コン勝率は高い。その理由は、「痩せ」の人の方が『女性を落とすために必要な手順、方法』が少ないから。

 

 

「デブだからモテない」は間違い。しかし、「デブ」と「痩せ」で、圧倒的に「痩せ」の合コン勝率が高い理由は、女性に対して行うアプローチが少なくて済むからです。

 

 

本当に合コン勝率100%にしたいなら、「痩せる」ことは必要。それだけは覚えておいてください。

 

 

しかし・・・今回は「痩せている」人用の合コン成功方法ではありません。当時、80キロ前後の私が実践して、勝率90%だった、合コン必勝法を紹介します。

 

 

「デブ」はアドバンテージがあります。「デブ」というだけで、マイナス3点あると思ってください。「痩せ」は0点。このマイナス3点を10点まで持っていくことができれば、お持ち帰りまでは、楽!そんなイメージを持っておいてください。

 

 

引け目を感じることはありません。ただ、「デブ」は、その『マイナス3点』ある分、「痩せ」より、やることが多いことを覚えておきましょう。

 

 

では、どうしても合コンで勝ちたい方は、次の章へお進みください。

 

 

デブが合コンで成功する方法

 

 

「デブ」が合コンで成功する方法は、3つのステップがあります。①自分のターゲットを間違えない。②ターゲットに合わせたアプローチをする。③場をコントロールする。

 

 

中でも、1番重要なのは、⓶ターゲットに合わせたアプローチをする。これを間違えると、すべてが崩壊します。⓵も重要ですが、そこは、この記事を読めばわかることなので、問題ではありません。

 

 

しかし、⓶ターゲットに合わせたアプローチだけは、間違えないでください。間違えると、落とすどころか、永遠に「デブで、空気の読めないダメ人間」のレッテルが貼られます。

 

 

たった、これだけを実践できれば、あなたの合コンは、ENJOYできる空間になるのです。

 

①、自分のターゲットを間違えない

「あなたの合コン相手の年齢層は?」この質問をすると、成功している人は、体型相応の合コンができています。逆に失敗している人は、体型不相応の合コンをしているケースが多いです。

 

 

「ターゲットを間違えない」、これは2つの軸があります。1つめは、合コン相手の平均年齢、2つめは、合コン参加者の中で、男女含めた各年齢です。

 

 

1つめの合コン相手の平均年齢について説明します。仮に、あなたの年齢を30歳とします。見た目は当然、デブ。服装、髪型も清潔感があり、お金も年相応にあり。あなたが、いまから参加する合コンは3つ。

 

 

A:20代前半

B:20代後半~30代前半

C:30代前半~40代

 

 

行きたいのは、A:20代前半です!私も行きたい。しかし、現実は甘くありません。30代の男性がいくなら、B:20代後半~30代前半、もしくは、C:30代前半~40代です。

 

 

この判断で重要なのは、『相手が理想とする異性』で重要な点が何かを理解することが大切!

 

 

私の位置付けとして、20代前半までは、「見た目」で判断されます。この時点で「デブ」は対象外になる可能性が7~8割。この「見た目」をクリアするためには、アラブの石油王でないと難しいのは、イメージできますよね。

 

 

また、私の合コンデータで、20代前半は、一緒にいて恥ずかしくない相手を選ぶ傾向が強かったです。「デブ」より「痩せ」、「170m」より「175m」などアイドルと付き合うのかというくらい、えり好みしてきます。このAのステージで戦うには、30代のデブではきついでしょう。

 

 

そこで、20代後半からのステージです。20代後半から合コン勝率が上がる理由は、社会経験もそこそこ経験し、「見た目」だけで判断することをしにくくなるから。「デブ」であれば、狙うべき合コンは、20代後半の参加者が多い合コンにいくことをオススメします。

 

 

※注意して欲しいのはC:30代前半から40代の合コン。ここは、『冷やかし』『ガチ』が多数生息しています。

 

 

友達の誘いで、ご飯とお酒を楽しみにきただけの人や結婚相手を探しにきている人がいる可能性が高いので、参加するときは「そういう人が多い合コン」と覚えておきましょう。

 

 

2つめは、合コン参加者の中で、男女含めた各年齢です。この話は、合コン参加者の年齢を考えてください。

 

 

先ほどと同じように、あなたの年齢は30歳としましょう。男性参加者の年齢が、26~30。女性の参加者の年齢が24~28だとします。この場合、あなたが狙うべき年齢は、何歳を狙うべきでしょうか?

 

 

答えは、27、28歳です。合コンという、その初対面かつその場限りの可能性が非常に高い合コンで、3つ年齢が離れている女性を狙うのは得策ではありません。

 

 

「できれば、若い女性の方がいい」と考えているあなたは、失敗します。いまの時代、LINEの交換程度はできるかもしれません。しかし、そこで終わり。若い女性は、あなたのLINEは既読スルー、もしくは、既読もつきません。

 

 

あるアンケートでは、「年上の彼氏、何歳差までアリ?」みたいなことをやっていました。当時の私は、その結果で『10歳差までありが1番多い。』と結果が出ていたのを見て、驚きましたが、それはありません。

 

 

いま、10歳差で、若い女性が付き合う場合、多くはパパ活などが多いと思います。なぜなら、合コン含めて、10歳以上の年の差が出会う場所って、なかなかありません。あるとすれば飲みの席くらいです。

 

 

夢を見るのは、終わりにしましょう。合コンに勝ちたいのであれば、年齢は自分の年齢と1、2歳差までと覚えておきましょう。

 

 

ただし、1、2歳差の相手がいない場合は、1番年齢の離れた相手を狙うか、参加者で年齢が1番若い男性と同じ年齢の相手を狙いましょう。

 

 

1番年齢の離れた相手を狙う理由は、特殊です。王道の方法でないので、今回は簡単に説明だけしておきます。

 

 

年齢が離れている場合、意外といろんなものに興味関心がある可能性が高い。しかし、何も知らないと思われるのも嫌なので、知った風に口をきいてくる女性もいます。

 

 

1番年齢の離れた相手を狙う場合は、「知らないことを否定せず、新しいことを一緒に教える」を軸にすると、意外と落とせたりしちゃいます。ただ、王道ではないので、型にはまらないと成功確率も低いですから、オススメはしません。

 

 

参加者で年齢が1番若い男性と同じ年齢の相手を狙いも、同じです。おそらく、男性参加者は、顔見知りですよね。少なくとも、その年代の話は、わかりますよね?無理に話を合わせよとすると、痛い目を見ます。

 

 

しかし、知っている範囲で構わないので、話を合わせること。それが大事。このターゲットの絞り方でのメリットは、参加者で年齢が1番若い男性からフォローがもらえること。

 

 

会話がつまりそうになったら、助け船をだし、会話を止まらないようにできます。同じ相手を狙っていなければの話ですがねww

 

 

 

<ターゲットの選び方>


・合コン参加者の年齢を確認!

・自分の年齢±2歳まで!

 

 

 

②、女性に合わせた対応をする

ターゲットの絞り方はわかりましたよね。次のステップが1番重要です。このステップに関して、「デブ」と「痩せ」の差が出てくるので、必ず目を通してください。このステップをすることで、間違いなく、相手の視線をあなたにむけることができますよ!

 

 

※尚、ここから先の記述は、すべて、私が実践したうえで、結果が出た行為のみ記載いたします。合コン会場、あなたが座る座席位置によっては使えない可能性がありますので、ご了承ください。

 

 

【1、荷物、上着は率先して自分がやる。】

冬場は女性の上着、そして、荷物は必ず、自分が率先して動いてください。このとき、多くの女性は、「自分でかける」選択をします。

 

 

しかし、「ありがとう」とデブのあなたに、上着を預けた場合、その女性はCHANCEだと思ってください。他の女性より、警戒心が薄いので覚えておきましょう。

 

 

「デブ」はここ必須条件です。お店の人がしてくれるのが当たりまえと思わずに、自分がすることで、女性の評価が意外にも変わりますし、見えてきます。

 

 

【2、注文は「適当じゃない」適当。】

いまの合コンは、コース料理が多い店がほとんど。中には、お店に行って料理を選ぶシーンも何度か経験もあるので、紹介しておきます。

 

 

多くの男性陣が失敗している原因は、ここ!飲み物を頼むとき、「生でいいよね♫」と聞いたり、「はい、メニューどうぞ。」とメニュー渡すだけなんて論外です。

 

 

メニューを渡した後、「こっちは生にするけど、同じがいい?サワーやチューハイ、焼酎とかもあるから、好きなもの頼みなよ♫」と言いましょう。

 

 

女性はある程度、飲むものを決めています。そこで、「生でいいよね♫」と一方的な男のノリで決めるのはいけません。その「いいよ」は「いいけど、別のが飲みたい。」と思いましょう。

 

 

「なんでもいい。」「適当に頼んでください。」も同じ。女性の心は、「卵焼き、焼き鳥(内臓以外)だったら、なんでもいい。」です。言葉そのままに受け取らないこと。焼き鳥のハツやレバー頼んだときには、あなたの合コンが雪崩のように失敗します。

 

 

でも、そんなに難しく考えない。ここは、失敗しても「デブ」ならリカバリーがききます。当たり前ですが、注文がきて、相手が手をつけない食事があれば、率先して「デブ」のあなたが食べてあげましょう。

 

 

注文したのがあなたであれば、「自分が食べる分」、人が注文したものであれば、「嫌いなものを食べたあげた人」で話は済みます。

 

 

【3、グラスには注意すること】

これも当たり前と言えば、当たり前。相手のグラスが空になる手前で、「何を飲むか」聞きましょう。

 

 

ここにも、「デブ」が頑張らないといけないポイントがあります!まず、グラスを見るべきポイントは2つ。1つは、テーブル全体のグラスの空き状況。2つめは、ターゲットのグラスの空き状況です。

 

 

テーブル全体のグラスの空き状況で、特定の異性では、全体で、誰でも注文できる空気を作りましょう。そして、大事なのは、その空気を作ってから。

 

 

ターゲットの空きグラスの状況です。空になったら、注文するのは当然ですが、「飲むペース」と「飲んでいるもの」に注目しましょう。

 

 

合コンで早いペースで飲むことは、ないと思いますが、お酒に強くない女性も参加します。もし、1杯目の飲むペースが遅い、飲んだ後、ドリンクのメニューを見ようとしない場合は、お酒以外のドリンク(ウーロン茶や柑橘系のジュース)などを頼んであげるといいでしょう。

 

 

絶対に無理にお酒はすすめないこと!「デブ」は常に冷静で、ご飯にあったノンアルコールをチョイスしてあげましょう!

 

 

【4、敬語】

お酒が入ると、ありがちな行動。女性へのため口、店員さんへの悪態です。完全なNG行為ですから、やめましょう。

 

 

注文するとき、料理やお酒を持ってきたとき、食器をさげてくれるときに、店員さんへ「ありがとう」の一言やおじきだけでも、相手はみています。

 

 

20代前半では、こんなところ見ていません。社会人経験のある20代後半からをターゲットにしているのも、ここが理由の1つです。

 

 

【5、デブを活かす】

合コンに行くと、100%いじられるのが、我々デブ!しかし、憶することはありません。デブをいじるときには、パターンが存在します。そのパターンを利用して、女性を落とすのです。

 

 

パターンは全部で3つ。「1、男性陣からのデブ」「2、女性陣からのデブ」「3、自分から発信のデブ」だけです。

 

 

男性陣からのデブ発言は、気にしなくていいです。会話のネタがなくなったので、我々をネタに使っているだけなので、適当な相槌、その場の空気を壊さなければ何を言っても構いません。

 

 

注目すべきは、女性陣からのデブ発言と自分から発信のデブです。女性からのデブのワードが出た場合、かなりチャンスです!なぜなら、相手の身体的特徴を突いてくるのは、友達以上でなければできません、まして初対面の相手ですからね。

 

 

デブと言われたら、すかさず、「俺ってそんなデブ?」と聞き返してください。次にどんな発言をしても、相手の中に「ちょっと気にしてたのかなぁ?」という気持ちを与えておきます。

 

 

そのまま、会話をして、「デブ肯定」の話題になれば、「俺をこんなカラダにした美味しいお店があるから、次(今度)行こう」で連絡先GET。

 

 

「デブ否定」の話題になれば、「なら、このカラダをどうにかしたい。〇〇さんみたいにキレイになるにはどうしたらいいと。詳しく(次の店で)教えて。」という会話をしてください。

 

 

いままで、断れたことはありません。次の店をしっかりと決めておかないといけませんので、それだけは忘れないように。

 

 

<アプローチ方法>


・手荷物、上着は自分でかける!

・注文は相手の気持ちを察して!

・グラスに注目!

・誰にでも、いつでも、敬語!

・デブを活かし、デブと共に!

 

 

 

③、場をコントロールする

これは、⓶のステップが出来ていれば、自然にできているので、ご安心ください。

 

 

飲み物や料理の追加のタイミングも、あなたが最初に流れを作っていれば、次に何をするときも、自然にできます。

 

 

この場のコントロールが必要な理由は、合コンの締め方です。合コンを解散するタイミングって超重要だと知っていましたか?特に「デブ」の我々には、抑えておかないといけません。

 

 

何故なら、お持ち帰りできるタイミングを、あなたに合わせる必要があるからです。「痩せ」の人のいいタイミングと、我々「デブ」のいいタイミングは全く違います。

 

 

ステップ⓶-5:デブを活かす会話の途中に、「痩せ」の人が「じゃあ、そろそろ~」とか言い出すと苦労は無駄になります。

 

 

これからの夜、次の約束まで取り付けて、我々「デブ」が「じゃあ、そろそろ~」と切り出す!

 

 

そうしないと、永遠と合コンは成功しません。ただ、「痩せ」の引き立て役に呼ばれた「デブ」で終わります。

 

 

絶対にそうならないように、この合コンの影の支配者は俺だ!という意識は持ちましょう。

 

 

<場のコントロール>


・合コンの締めはデブ!

 

 

実践して気づく不安の解消方法

 

 

実際に合コンでやるべきことはわかりました。そうはいっても、実践してみると、意外とできないことが多いとの声を頂いた経験があります。そこで、そんな悩みを解決した、不安解消アドバイスを紹介しておきます。

 

 

1、女性と話ができないアナタへ

根本的な問題ですが、「デブ」は女性と話をすることが苦手なようです。仕事中は問題なく話ができるのに、いざ、合コンになると話ができない方、多いですよね?

 

 

でも、ご安心を。それなら、こちらから、話をしなければいいのです。実際に、「女性と話ができない」と悩み相談にきたデブ1号がいました。彼の場合、海外サッカーが好きで、読書もします。でも、なぜか、女性と話すときは、「はぁ~」「へぇ~」くらいの会話しかできませんでした。

 

 

そんな彼を助けたのが、「自分からしゃべらない」いわゆる「相手から質問させる」方法です。

 

 

彼の場合、海外サッカーが大好きだったので、合コンのときは、必ず、海外サッカーチームのユニフォームを着ていくようにアドバイスしました。

 

 

さらに、相手に「サッカーが好き」とわかってもらうために、iPhoneのケースをサッカーボールのデザインに変えて、机の上に置いておくようにしてもらいました。

 

 

すると、自然と会話ができるようになっていたのです。相手から「サッカー好きなんですか?」と質問が始まり、その流れで、相手の趣味を聞いたりと、友達と話す感じで会話が成立していたので、この方法は効果的です。

 

 

合コンという環境では、我々「デブ」も相手も互いのことを知りません。本当は相手のことを知りたいはず。相手の好きなことを的確に回答することは難しいですが、こちらから、答えを誘導する状況はつくれます。

 

 

話ができないあなた、ぜひ、相手がわかるように、自分の趣味をアピールしてみてはいかがでしょうか?

 

 

2、お持ちかえり、次のお店が決まらないあなた・・・

せっかく、いい雰囲気になって、次の約束が決まったのに、近くにオススメのお店がない!どうしたらいいの?という悩みを持ってきた方もいました。

 

 

いまは、食べログやぐるなびといった、お店を探すのは簡単です。ただ、お店選びがメインでないことはわかりますよねww

 

 

次のお店で選ぶべきポイントは簡単です。本音を書きますが、あなたの自宅かホテルなどの近くのお店を選んでください。

 

 

次のお店であれば、あなたの行き付けのお店である必要があります。自宅近くであっても不自然ではありませんし、遅くなれば止めることも可能です。

 

 

またホテルは露骨すぎますので、本当にホテルに泊まる場合は、ホテル周辺で、深夜までやっている飲み屋(オススメは、BAR)を合コン前にアドレス登録しておくこと。

 

 

相談者は、自宅近くの居酒屋にタクシーできて、軽いご飯とお酒を飲んで、始発で帰るように起こすと言って、自宅へと消えていきました。

 

 

ここで、大事なのは、あくまでも、必然的にこうなってしまった状態を作ることです。「デブ」だから、「おいしいご飯を知っている」⇒一緒に行ったら、終電がなくなっていたところ、助けてくれた。となるように持っていきましょう。

 

 

ただし、注意点があります。合コンのときに、2人以上で、この方法をすると、割り勘でタクシーで帰るから大丈夫と言われかねません。必ず、合コン後、こっそりと2人だけで行くことをオススメします。

 

 

3、デブだけど、デブを気にするあなた・・・

「デブ」がモテないことはない!そう言われても、どうしても、「デブ」だとモテない気がする。そんな方は、答えは1つ。「痩せてください」というしかありません。

 

 

痩せることができるのであれば、痩せた方がいいでしょう。先ほど書いた、デブのマイナス3点は消えますので、痩せれるのであれば痩せてください。

 

 

私が知る限り、「デブ」で痩せた人間は、あまりいません。私も含めてですが、合コンのためだけに、80~90キロ近くの人間が、65~70キロに痩せた人間はいないと思います。

 

 

合コンに限らず、「デブ」が痩せることは相当きつい思いをしないといけません。1~2キロ程度なら、1食抜けば体重減らせますが、それだと見た目変わりませんよね。

 

 

合コン成功率を高めたいなら、痩せるにこしたことはない。もし、合コンまで1ヶ月猶予があるなら、食事制限や運動と合わせて、サプリメントを摂取するのもありかもしれません。

 

 

もし、サプリメントで痩せることに成功した場合、合コンで、「デブ」の自分と「痩せた」自分の話ができるので、女性には鉄板ネタができます。

 

 

糖質カットサプリメントをここに紹介した理由は、「デブ」の根本原因を解決させるためです。「デブ」の1番の原因は、食べ過ぎ。ご飯、パスタ、パン、ラーメン、うどん、すべて糖質です。

 

 

糖質をカットできれば、それだけ、痩せるカラダに近づきます。また、女性も「糖質」という言葉には、敏感です。糖質カットサプリメントを飲んでみて、合コン会場に持っていくのもオススメの手法!

 

 

代表的な悩みの解決策を挙げていきましたが、どうでしょうか?あなたが、まだ、合コンで成功しない理由ありますか?

 

 

「デブ」はモテない理由ではありません。何度も合コンに失敗すると、合コン自体が嫌になってきますし、女性とのかかわりが面倒という新しい言い訳を生みだすキッカケになってしまいます。

 

 

そうならないために、合コンは成功させるべきものなのです!

 

合コンで成功するためには・・・

 

 

合コンで成功するための方法を紹介しましたが、いかがでしたか?「合コンに参加することに意義がある」と言っていいのは、学生までです。

 

 

「デブ」はモテないワケではありません。きちんと、作戦をたてて、行動できれば、「デブ」でも彼女はできます。一夜のアバンチュールも全て、あなた次第!

 

 

「デブ」を言い訳にしないでください。「デブ」が問題で何もできないなら、「痩せてください。」今回、紹介したのは、「デブ」でもこれさえ守れば、合コンに勝てる方法でした。

 

 

著者:ひろし

 

 

 

 

関連キーワード
未分類の関連記事
  • 勝率90%のプロが伝える!デブでも成功できる合コン必勝法教えます
  • Hello world!
おすすめの記事
未分類
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !...